バンコクからアユタヤへの日帰り旅行はどう行く?

旅行

バンコクからアユタヤへの日帰り旅行はどう行く?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

アユタヤへの3つの行き方を紹介

3つとも試して下さい

バンコクの北約70㎞のところに、世界遺産の街アユタヤがあります。

数年前洪水があったり、工業団地には多くの日本企業が進出しており、日本人にとってタイの中でも馴染みのある場所だと思います。因みに昔は日本人町もありました。

また、バンコクからも近く、見所が狭いエリアに集中しているため旅行しやすく、世界中からも多くの旅行者が訪れます。

そのアユタヤへ行くにはいくつか方法がありますので、時間、お金、快適さ等を考慮して決めるといいと思います。

ここでは、3種類の方法を考えてみます。

①バンコク発のツアーに参加する。
おそらくこれが最も一般的でしょう。

メリット:
・ホテルへの送迎が一般的で楽ちん。
・ちゃんとした車で行けるから快適。
・少人数、場合によっては自分達だけになることもあるので、融通がききやすい。

デメリット:
・価格が高い。
・朝が早い(午後発もあり)。
・観光ルートが決まっているため、自分が行きたい場所へ行けるとは限らない。
・訳のわからないガイドだと、1日不愉快な気分で過ごさなくてはならない。

②バンコクからタクシーをチャーターする。
①のように旅行会社に頼るのではなく、自力でタクシーの運転手さんと交渉する。

メリット:
・①のメリットに加え、人数が集まれば、①より割安になる。
・好きな場所へ行ける。
・時間の融通がきく。

デメリット:
・自力で交渉する力と相場感とガッツが必要。
・運転手によっては変な所に連れて行かれたり、最後に追加料金を請求されトラブルになる。


③電車+トゥクトゥクまたは自転車。
ホアランポーンから電車でアユタヤまで行き、駅前でトゥクトゥクをチャーターするか、自転車を借りる。

メリット:
・圧倒的に安い。バンコクからアユタヤまで片道最安でなんと15バーツ!バンコク市内の地下鉄等が10分くらい乗っただけで30バーツ以上するのに、なんなんでしょうかこの価格設定は?奇跡です。快速やAC付きだと少し高くなりますが、全く問題ない範囲です。
・②同様好きな場所へ行ける。
・旅行した感が味わえる。自分で電車の時間を調べ、現地で運転手と交渉する。つまり、主体的に動く習慣がつきます。

デメリット:
・時間がかかる。確かに電車は普通に遅れるし、時間も読めない。ただ、ツアーまたはチャーターでもバンコク市内で渋滞にハマってしまえば、結果的には同じくらいかかることもありえます。
・トゥクトゥクの交渉がめんどくさい。アユタヤ駅前にトゥクトゥクが待機しており、時間あたり200バーツと書いた価格表を見せて、「これで決まっている」と言ってくるが、当然交渉します。しっかり見ようとすると4〜5時間は最低かかるので、それなりの金額になります。7掛けくらいにはしましょう。
・疲れる。ボロい電車とトゥクトゥクの交渉で疲れます。
・酷暑の時期はかなりきつい。快適な車に比べるとその時期の差は歴然。自転車ならなおさら。

結論
なんでもそうですが、お金を出せばいくらでも快適な旅行ができます。ただ、旅行ではもっといろいろなことを体験した方がいいと思います。
そこで、小生がオススメするのはやはり③の電車+トゥクトゥクまたは自転車です。
初めての方などはむしろ格好の練習?になります。

一度体験してみてはいかがでしょうか。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ