時差ボケに勝つ!

旅行

時差ボケに勝つ!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

昼寝かー

地面に素足で立つのもgood

着時間に合わせて機内でも過ごしましょう

カラダも動かしましょう。

日本から距離(時差)のある国へ行くと、多かれ少なかれ時差ボケになります。

東南アジア各国であれば何の問題もないですが、これ以上時差がある場所は時差ボケを解消するのに一苦労です。

特に長期間滞在していたり、年齢がいくと大変です。

そもそも長距離路線は、長時間同じ姿勢で航空機に乗っているので、そのこと自体で疲れます。それ以外に体内時計がメチャクチャになるので当然といえば当然です。

基本的には、西から東にいくときに時差ボケがきつくなると言われています。
ヨーロッパだと日本への帰国、南北アメリカだと日本から向かうときです。

実際はどちらに向かって行っても同じような気がします。またどちら方向に向かうかより、行きより帰りの方が疲れていることが多いので、日本に帰ってからの方がキツイような気がします。

そしてその時差ボケの解消の仕方ですが、次の方法が効果的です。

1.どんな時間であろうが、現地時間に合わせた生活をする。

当たり前ですが、強制的に合わせないとずっと直りません。

2.寝てはいけない時間に寝ない。寝なければいけない時間には寝る。

これは先述の1.と同じですが、時差ボケ=睡眠関係なので、これを徹底します。

3.運動をする

これも1.を実現するために、強制的にカラダを疲れさせるのです。特に水泳とかがいいと言われています。

4.読書をする

カラダは疲れませんが、頭が疲れるし、本を読んでいるとよく眠くなるので眠れない時は効果的です。

5.現地の時間を逆算して機内でも過ごす。

現地に夕方や夜着くのであれば、機内ではあまり寝ない。朝着くのであれば、しっかり寝るというように、着時間に合わせて機内でも過ごすと少しでも違うと思います。

また、食事についても同様に、飛行機で出されたものはお腹が空いてなくても食べましょう。
到着地の時間に合わせて食事が出てくるからです。

6. 太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることにより、体内時計が正常に修正されていくので、狂った時間を戻してくれます。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!